日ロは「領土」より「原子力」で実

首脳会談で原子力協定を締結。民間でも東芝が燃料協力の覚書。「してやったり」のプーチン。

2009年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

来日したロシアのプーチン首相と会談する麻生首相(5月12日)AP Images来日したロシアのウラジーミル・プーチン首相が5月12日夕方、麻生太郎首相と会談した。懸案の北方領土問題では、プーチン首相が会談後の共同記者会見で、7月にイタリアで開かれる主要国首脳会議(サミット)の際に行われる麻生首相とドミートリー・メドベージェフ大統領の会談で、打開に向け「あらゆるオプションが話し合われる」と述べたが、その評価は意見が分かれる。谷内正太郎・政府代表の発言に端を発する「3.5島返還論」騒ぎで領土に目を奪われがちだが、今回のトップ会談では日本の国家戦略上、きわめて重要な一つの布石が打たれた。両首相が見守るなか、中曽根弘文外相とロシア国営原子力企業ロスアトムのセルゲイ・キリエンコ社長が調印した「原子力の平和的利用に関する二国間協定」(日ロ原子力協定)である。この協定 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。