選挙対策に血眼の農水族が農政改革をぶっ潰す

2009年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

石破茂農相が推進する農政改革の前途が危ぶまれている。麻生政権の基盤が脆弱で、総選挙が迫るなか、自民党農水族議員が反発を強めているのだ。先に発表された追加経済対策でも、現状のコメ減反政策を維持する施策が盛り込まれるなど、農水族議員の巻き返しが目立った。農相は夏までに改革の中間とりまとめを出す方針だが、省内からは「そこまでたどりつけるのか」と悲観論が出ている。改革の目玉は、減反への協力の可否を農家の主体的な意思に委ねる「減反選択制」の導入だが、米価下落による混乱を警戒する農水族やJA(農協)がこれに猛反発。麻生政権の指導力が問われる場面だが、先の追加経済対策の策定にあたって、首相周辺は「農水族幹部に『党主導で内容を詰めろ』と指示した」(官邸関係者)という。この結果、米粉用など「非主食用米」の生産や、麦、大豆といった作物への転作に努力する農家へ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。