GM、破産法で「分割」へ

余命1カ月。最後の再建計画に労組の壁は厚い。4ブランドを残し、あとは清算手続きか。

2009年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

公的資金を受けながら経営再建のメドが立たないゼネラル・モーターズ(GM)に業を煮やした米政府は、破産法を活用して優良資産だけを残す分割案を検討し始めた。3月末に会長兼最高経営責任者(CEO)の職を解かれたリチャード・ワゴナーに代わり、フレデリック・ヘンダーソン新CEOが実効性のある新たな再建計画を提示し、政府からの追加支援を得ようと必死だが、オバマ大統領から与えられた時間は5月末まで。現状を判断する限り、政府案を超える「劇薬」の処方箋の提示は見込めず、4月13日付のニューヨーク・タイムズは、財務省がGMに対し破産法適用申請の下準備をするよう指示したと報じた。

純血すぎるヘンダーソン

再建の成否を握る最大の難関は全米自動車労働組合(UAW)との交渉だ。1998年にミシガン州フリント市にあるGMの金属プレス工場での生産性をめぐって労使交渉が決裂、UAWが54日間もストを打ったことがある。GMは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。