「抗肥満」大型新薬で勢いづく塩野義製薬

2009年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米国の中堅製薬企業サイエル社を11億ドルで買収した塩野義製薬に勢いがついてきた。同社が米国で進めていた抗肥満薬「S–2367」のフェーズ2の治験に成功。塩野義が創製し、世界で売り上げを伸ばしている高脂血症治療薬「クレストール」の特許が切れる2016年までに、米国で自社製品を販売できるメドがついたためだ。塩野義がアストラゼネカにライセンスしたクレストールのロイヤルティ収入は、08年9月中間期に166億円。同期の営業利益184億円の大半を占める。同系薬剤で世界トップの「リピトール」の売上高に接近しつつあり、ピーク時のロイヤルティ収入は600億円に達する見込み。しかし、塩野義の国際的大型品はこの一品しかなく、国内営業の地盤沈下も著しいため、しばしば再編・買収候補に挙がっていた。塩野義は米国で実施していた薬効確認試験で、米食品医薬品局(FDA)の厳しい承認基準をクリアした ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。