「ポスト金正日」へ集団指導の布石

ミサイル“花火”のあとに金国防委員長3選。衰えは隠せず、11人の国防委員が後見人か。

2009年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

4月上旬は北朝鮮関連のニュースで溢れ返った。が、何か肝心なものが欠けていると思えてならない。まずミサイル。4~8日の間に「人工衛星光明星2号」を「銀河2号ロケット」で打ち上げると予告、日本全土が固唾を呑んだ。初日の4日はガメラレーダーの「誤探知」騒ぎでてんやわんやだった。結局、この日は肩すかし。発射延期は発射場上空の強風が理由と考えられるが、北朝鮮指導部は、日本の慌てぶりと失態にほくそ笑んでいたであろう。発射は翌5日の午前11時半に行われた。北朝鮮は「日本が迎撃したら報復する」と繰り返し警告を発していたが、迎撃行動は一切行われなかった。日本政府は「迎撃」の可能性を何度も主張してきたが、あくまでも国内世論対策だったようだ。実際に「迎撃」すれば北朝鮮と戦争状態に突入する可能性も排除できないため、「迎撃」の現実性は最初から限りなくゼロに近かったのであ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。