朝日、読売が「14版」廃止のリストラ策

2009年5月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日、読売の2大紙が、朝刊最終版の繰り上げを検討し始めた。深刻さを増す広告不況、部数減少に対応する固定費の削減である。すでに朝日は4月1日から現行の最終版「14版」の締め切りを15分繰り上げた。読売も追随必至だが、これは序の口。両社は今、「本丸」と言うべき14版の廃止、すなわち「13版止め」を検討している。総選挙や大事件・大事故といった「有事」がない限り、最終版の締め切りを約1時間繰り上げて零時過ぎにすれば、取材・整理記者、印刷・発送要員ら深夜に働く社員の残業代を1時間ほど浮かすことができる。深夜残業代は通常の賃金の1.6~1.8倍と高く、1時間につき一人1万円前後とみられる。14版にかかわる社員は両社とも東京、大阪、名古屋(中部)、西部の4拠点を合わせて千人規模に達するため、13版止めによって、一日1千万円程度、年間35億円ほどの経費削減が見込まれる。とはいえ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。