日経が赤字回避の大リストラ

新社屋完成でのしかかる500億円の償却負担。150億円の緊急経費抑制を打ち出した。

2009年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

4月1日、日本経済新聞社は清水建設から東京・大手町の新本社ビルの引き渡しを受けた。地上31階と旧本社ビルの3倍の背丈で、阪神大震災級の大地震に耐え、二酸化炭素排出量が一般新築ビルより4割少なく、百年はもつという最新鋭ビルだが、今後は総工費500億円の償却負担がのしかかる。加えて未曾有の新聞不況。「この先2年間は日経の存亡がかかるサバイバル期間」と、喜多恒雄社長は社内に危機感を訴える。

広告収入がピーク時の半分

日経の東京本社移転は45年ぶり。旧本社は1964年の竣工で低層・狭隘なうえ老朽化したため、2005年3月、大手町全体のビル群を連鎖的に再開発する国(都市再生本部)の「都市再生プロジェクト」に加わった。同プロジェクトの第1陣として旧本社の西400メートルの旧大手町合同庁舎跡地(国有地)に、まず日経ビルと経団連会館、JAビルの3棟が一体的に建設され、このほど完成した。日経ビルの3階から5 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。