新日石と新日鉱に亀裂?「統合遅延」の舞台裏

2009年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

新日本石油と新日鉱ホールディングスによる09年10月の統合持ち株会社の設立は、和製メジャー(世界第8位の石油会社)の誕生と持て囃された。ところが2月27日、両社は米SEC(証券取引委員会)への書類提出が間に合わず、持ち株会社の設立を10年4月へ半年間延期すると異例の発表を行った。しかし、果たして米SECへの書類提出が統合遅延の本当の理由なのか、訝る向きもある。「そもそもSECへの書類提出が、統合発表前に予測不可能だったとは考えにくい」と関係者は言う。舞台裏で何があったのか。ある新日鉱OBが声を潜める。「(新日鉱の)高萩光紀社長が『業界のカリスマ』である渡文明会長と、よくもまあ手を組む決断をしたものだ。渡会長の剛腕はつとに有名。『位負け』の高萩社長では相手にならないだろう」このOBは「業界盟主の新日石と統合すれば、名門新日鉱は『植民地化』する」と懸念する。そもそ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。