小池百合子が「中川の宿敵」町村信孝に擦り寄る

2009年5月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

かつては「反麻生」の急先鋒として中川秀直自民党元幹事長と手を携えてきた小池百合子元防衛相が、中川氏の宿敵、町村信孝前官房長官に急接近している。その「証拠」となったのは、電線の地中化を推進する「美しい国・電柱の林を並木道に!議員連盟」。小池氏が中心になって立ち上げた議連で、会長には町村氏に近い安倍晋三元首相が就いた。呼び掛け人には中川氏も名を連ねたが、多数派となったのは町村氏や細田博之幹事長らむしろ中川氏と距離を置く面々。しかも、4月7日の初会合で、小池氏は自民党の日本経済再生戦略会議の会長を務める町村氏に、「当議連の案を戦略会議に取り入れてください」と懇願。出席議員から「あそこまでやるかね」との声が上がった。小池氏は昨年9月の総裁選で、町村派の「麻生支持」に逆らって自ら出馬。その時、彼女の推薦人集めに奔走したのが中川氏だった。しかし、今年2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。