宗教界で「社会貢献」がブームになった理由

2009年5月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

最近、我が国の宗教界で持て囃されているのが「社会貢献」というフレーズである。今年に入って、やたらと耳にするようになり、宗教関係者の間で一種の流行語になっている。仏教の専門紙「仏教タイムス」の4月2日号は「宗教の社会貢献を検討」の見出しで、庭野平和財団が3月末に行った社会貢献の学習会について大々的に報じた。また、これに先立ち、「神社新報」の3月2日号は、一面トップで「宗教の社会貢献はどうあるべきか」と題する記事を掲載し、国際宗教研究所が主催した公開シンポジウムの様子を詳細にレポートしている。宗教の社会貢献とは文字通り、宗教者や教団が社会全体の問題に取り組むことなどを指す。学校経営や伝統文化の保存、地球環境への取り組みなどさまざまな貢献があるが、多くの人がイメージするのは社会福祉に関連したものだろう。古くは飛鳥・奈良時代に始まった孤児や貧者の救 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。