従業員何と3万6千人 「パイオニア」の悲劇

昨年末から度重なる経営不安説。 「倒産したら雇用問題が起こる」と政府筋も身構える。

2009年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

いくら100年に一度の大不況とは言え、わずか3カ月余りの間に3回も経営破綻の噂が流れる老舗企業というのも珍しい。大手AVメーカー、パイオニアのことである。初っ端は昨年末だった。「日本を代表するメーカーが12月29日に倒産する」という怪情報が、政界筋を駆け巡った。半導体大手のエルピーダメモリやNEC、いすゞ自動車、IHI、日本航空などと並んで、パイオニアの名前が浮上した。1月下旬にもきな臭い噂が飛び交った。昨年後半からみずほコーポレート銀行がメガバンクの中で最もえげつない貸しはがしの動きに出、「特に同行が準メーンバンクになっている融資先がひどい目に遭っている」(大手金融機関役員)ことが、評判になっていた。それが、「みずほが準メーンのパイオニアが追い込まれている」との風説につながった。3度目は4月の第1週である。3月末を決算期末とする手前、大手金融機関が引き金を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。