笹川良一日記の巣鴨生活

BC級戦犯の獄中ドラマ

2009年5月号 連載 [日記逍遥 第4回]

  • はてなブックマークに追加

「世界は一家、人類みな兄弟」「戸締まり用心、火の用心」笹川良一といえば、すぐにこのCMが思い浮かぶ。「日本の黒幕」「最後のドン」などの悪評ともあいまって、童謡風なのに、どこかいかがわしさを感じさせるCMであった。だがそのイメージも、巣鴨獄中日記を読むと一変するだろう。巣鴨の日記といえば、不安や不満、後悔に満ちた日記が多いなかで、笹川日記だけは信じがたいほどの熱力に溢れている。大統領には手紙を出して日米親善と共産主義の脅威を訴え、同部屋の者には意気消沈しないよう元気づける。さらに当局の不当な扱いには抗議をし、報復のリンチを受けても屈せず、釈放されると戦犯者とその家族への物心両面の援助を惜しまない。しかもそれについて、書き記しさえしなかったという。あまりの堂々たる巣鴨振りに、日記や礼状が残っていなかったならば、真偽のほどを疑われていたかもしれな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。