「治安出動訓練」は畳の上の水練か

2009年4月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「某国の武装工作員が某所に上陸。強力な武器を持っており、市民や警察官に死傷者が発生。次々と検問を突破し、繁華街のとあるビルに立て籠もった。爆発物や化学兵器を保持している可能性もある。政府は警察力だけでは治安回復は望めないと判断し、遂に自衛隊に治安出動を発令。自衛隊は警察と共に武装工作員の鎮圧を行うことになった……」これは映画や小説の筋書きではない。自衛隊と警察が隊列を組み、かかる生々しい内容の治安出動訓練を日本中で行っているのだ。05年に1回目の訓練が行われ、今年の3月までに20回も実施されている。防衛省と警察庁では、47都道府県すべてで実施することを目標としており、ひと月に2カ所で行われた年もある。かなりの頻度で、全国各地で訓練が行われているのだ。訓練は日本のどこで行われようとも、判で押したような筋書きで進んでいく。テロリスト役の隊員を自衛隊施 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。