神谷 不二氏(国際政治学者)

リアリストの勇気

2009年4月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

神谷さんに初めてお会いしたのは1969年だった。コロンビア大学のハーバート・パッシン教授が日米議員交流プログラムのディレクターに就任し、一緒にやろうと私を誘ってくれたのがきっかけである。二人で東京を訪れた際、教授が関わっていた第2回下田会議の打ち合わせに同席することになった。下田会議とは、日米双方の各方面のリーダーたちを集め、計7回開催された民間会議である。パッシン教授は第1回会議で米国側エディター(取りまとめ役)を務めていたが、急に「今回は僕でなく、君がエディターをやりなさい」と言ってくれた。日本側エディターはすでに大学教授だった神谷さんと決まっていたが、私は当時28歳の一講師で、博士号もまだ取っていない身である。担当団体の事務局長は釣り合わないと反対したが、パッシン教授は「神谷さんはそういう人じゃないから大丈夫」と後押ししてくれた。はたして ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。