「岡田代表の幹事長」を目論む渡部恒三

2009年4月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

違法献金事件で公設第1秘書が逮捕された民主党の小沢一郎代表の辞任論が強まるなか、長老の渡部恒三最高顧問の存在感が増している。69年初当選の渡部氏は小沢氏と同期。自民党時代は竹下派の「7奉行」として協力し合ってきたが、小沢氏らとともに自民党を離れた後は、小沢氏に批判的な立場を強め、今では党内の反小沢勢力の相談役となっている。「今は動くんじゃないぞ。しばらくは様子見だ」。小沢氏の公設秘書が逮捕されるや、渡部氏は前原誠司副代表や仙谷由人、枝野幸男各氏らを諌めた。昨年秋以降の内閣支持率の急落とは逆に、民主党では次期衆院選に向けて小沢代表の求心力が上昇。「反小沢」勢力も身動きできなくなっていた。そこへ違法献金事件が小沢氏を直撃。反転攻勢のチャンスのはずが、渡部氏が反小沢の動きにブレーキをかけているのは、なぜか。渡部氏に近い党幹部は「渡部さんは小沢代表 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。