漆間発言で露呈した霞が関官僚の徹底抗戦

2009年4月号 連載 [政々堂々 第4回]

  • はてなブックマークに追加

政局が一挙に流動化してきた。民主党に大打撃と思われた西松建設による小沢一郎民主党代表側への献金事件は、二階俊博経済産業相の政治団体にも波及し、ボールは自民党側に跳ね返ってきた。この間に「自民党側は立件できない」という「政府高官発言」も飛び出した。情勢は混沌としている。違法献金はもちろん許せないが、事件の陰で霞が関が動いていたのだとしたら、それもまた見逃せない。高官とは漆間巌内閣官房副長官だった。官僚機構の頂点に立ち、警察庁長官経験者として法務・検察とも深いつながりがある。だから、民主党側から「事件は政府と検察の出来レースだ」と批判が出たのも当然だ。どうみるべきなのか。霞が関事情に詳しい官僚が、ずばり言った。「事件の背景には、官僚政治打破を叫ぶ民主党政権の誕生を恐れた霞が関の一部が仕掛けた面があるのではないか。民主党は局長級以上の官僚に辞 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。