「ポスト御手洗」本命は中村、伏兵に勝俣

2009年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

キヤノン大分工場をめぐる脱税事件を受け、日本経団連の御手洗冨士夫会長(73)の去就が注目されている。御手洗氏は事件との関与を全面否定し、会長続投を表明したが、逮捕された経営コンサルタントとの親密な交際を認めており、道義的責任を問う声が強まっている。政権交代が現実味を増すなか、後継選びも混沌としてきた。御手洗氏は、大分疑惑が責任問題に波及しない限り、今年5月の総会の承認を経て来年5月まで会長を務める。しかし、麻生政権の支持率が10%台に落ち込んでおり、経団連の副会長の多くが「御手洗氏の進退はともかく、政権交代を見据えた対応が急務」と論じ、政治献金を含め自民党べったりの御手洗体制を暗に批判している。民主党政権誕生の緊急事態に備え、水面下で「ポスト御手洗」の選考が始まった。最有力は、パナソニックの会長である中村邦夫副会長(69)。中村氏は、御手洗氏の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。