大再編が迫る中国自動車産業

世界2位の市場の伸びに陰り。弱小メーカーの淘汰は避けられない。

2009年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ここ10年、自動車市場の成長率が20%を上回ることが多かった新興自動車市場の先鋒、中国。今や日本を追い抜き、米国に次ぐ世界第2位の市場に成長した。トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)など外資系を含めて80社を超える自動車会社がひしめき合い、しのぎを削る世界にも類を見ない市場である。ところが、その中国市場に陰りが見え始めた。2008年の販売台数は前年比6.7%増の938万台。1千万台は確実と言われながら、大台には到達できなかった。伸び率も10年ぶりに2桁を割った。四川大地震の影響もあると見られるが、8月に北京オリンピック需要が頭打ちとなり、乗用車販売はマイナス成長に転じた。その後、米国発の経済危機に煽られて販売台数は09年1月まで、10月を除いて毎月前年割れの状況が続いている。すでに一部の専門家は09年の販売台数が数%のマイナスになると予想している。10年は少し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。