樋渡検察が救った「霞が関」

針小棒大の強引さと、右に左にぶれる捜査とリーク。「検察統治論」に乗って、危うい政治的決断。

2009年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

経済産業省大臣室で二階俊博の怒声が響き渡った。「お前ら俺に隠れてこんなことをしているのか。いったい誰だ。突き止めろ。そんな奴は飛ばしてやる」2月半ばのことだ。二階が激怒したのは、日本経済新聞が上、中、下の3回掲載した「民主党研究」の企画記事でこう書いたからだ。「経済産業省は民主党政権になった場合の対応を検討するチームを極秘に立ち上げた」二階から叱責された官房長、安達健祐がわざわざ日経を訪れ、抗議する一幕もあった。口にこそ出さないが、永田町、霞が関は「あの政治家」が総理官邸の主となる日を恐れている。16年前の「パージの悪夢」が今も脳裏を去らないのだ。1993年に日本新党党首、細川護煕を首班に非自民の連立政権が誕生した。政権の黒幕、小沢一郎の意を受けた通産大臣、熊谷弘(現在は政界引退)は、次期事務次官の最右翼だった産業政策局長、内藤正久(現日本エネ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。