冨山和彦の裏に「怪中国人」

幻の中国マネー470億円を餌に、パシフィックHDを釣った手口はM資金そっくり。謎の男を追った。

2009年4月号 DEEP [パシフィックHD破綻]

  • はてなブックマークに追加

不動産投資ファンド運営大手、パシフィックホールディングス(HD)が3月10日、ついに子会社2社とともに会社更生法適用を東京地裁に申請した。負債総額は3社で3265億円だが、重複分を除くと1940億円、単体では1636億円と、今年3番目の大型倒産である。昨年11月、優先株発行による470億円の増資を発表して以来、本誌はその怪しさを二度も報道した。全面否定のプレスリリースや、片棒をかつがされた日経新聞の“大誤報”まであったが、これで晴れて本誌報道が裏付けられたことになる。この幻の増資計画は、コンサルティング会社、経営共創基盤の冨山和彦CEO(産業再生機構元専務)が設立した「中柏ジャパン」を通して、中国マネーがパシフィックHDに投資する――という触れ込みだった。11月の発表では、2月末までに全額が支払われるという話だったが、実現したのは12月19日に行われた6億5千万円の第三者割当増 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。