太陽電池「性能競争」の最前線

日本勢の強みは発電効率だが、コスト競争では米国勢が圧倒。技術を選ぶ眼力が問われる。

2009年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

オバマ米大統領が2月24日に行った就任後初の施政方針演説は世界中の太陽電池メーカーに衝撃をもたらした。「我々は太陽光発電の技術を開発したが、その生産においてはドイツや日本に後れをとっている」と危機感をあらわにしたからだ。「明日の雇用と産業が、海外に根づくような未来は受け入れない。米国が再び主導する」「クリーンで再生可能なエネルギーを、利益を生むエネルギーとしなければならない」と、反転攻勢に出ることを明言した。風力や太陽光など再生可能エネルギーの供給量を今後3年間で倍増させ、技術開発に年間150億ドル(約1兆4600億円)を投じる。表には出てこないが国防予算も、この分野につぎ込まれるだろう。潤沢な研究開発資金を当て込んでシリコンバレーでは太陽電池のベンチャー企業が雨後の筍のように誕生しており、日本勢や欧州勢は警戒を強めている。

巨額投資で巻き返す日本勢

ただ現時点ではまだ日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。