木戸幸一日記のゴルフ事始

激動の昭和を潤したグリーン

2009年4月号 連載 [日記逍遥 第3回]

  • はてなブックマークに追加

昭和5年から始まる木戸日記を開くと、冒頭からゴルフの記事の多さに驚かされる。書き手は帰朝途上で、アメリカ西海岸でクラブを振り、ハワイでもコースを回っている。帰国後も頻繁にゴルフ場に出かけていて、この年は年間ゴルフ場日数は93日にものぼる。しかもホールごとのスコアまでも記した日もあって、オレの日記を見るときにはゴルフを忘れるな、といわんばかりである。木戸幸一は昭和15年から20年まで、常時天皇を補弼(ほひつ)する内大臣の職にあったため、その日記は昭和史の超一級史料とされている。帝国日本が対米戦争に突入する過程についても、ポツダム宣言を受諾する経緯についても、木戸日記を引用しない史書は見当たらない。当然ながら敗戦の責は免れがたいし、批判も避けがたい。この場合の日記とは、刊行された『木戸幸一日記』のことで、内大臣秘書官長になった昭和5年から、東京裁判 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。