金正日「後継」に祝砲テポドン

「人工衛星」と称して、弾道ミサイルの4月発射を予告した。いま強行しなければならない国内事情とは…。

2009年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

2月3日、北朝鮮が核弾頭を搭載可能な長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射を準備しているとの報道が世界を駆けめぐった。円筒形の物体を載せた列車が平安北道の軍需工場から東倉里(トンチヤンリ)へ向かったことが衛星写真で確認されたからである。3月12日、北朝鮮の朝鮮中央通信は国際民間航空機関(ICAO)や国際海事機関(IMO)に対し、人工衛星「光明星2号」を搭載したロケット「銀河2号」を打ち上げる準備として、「航空機と船舶の航行安全のために必要な資料」を通報したと報じた。韓国の情報筋によると、打ち上げは4月4~8日だという。当初、一連の報道では、1月に発足したオバマ米政権に、北朝鮮が揺さぶりをかけ始めたとの論調が目立った。「テポドン2号」発射準備を対外的な要因から解こうとしたのである。しかしより重要なのは対内要因のほうだ。ふだんは国際政治の文脈、マクロの目で北 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。