日経BPが火をつけた「ネット広告」獲得バトル

2009年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

赤字決算続出の出版業界。頼みの綱であるネット広告収入を狙った出版社同士のバトルが繰り広げられている。引き金を引いたのは日経BP社。同社は09年1月16日にビジネスパーソンをターゲットとした「nikkei BPnetwork」「nikkei TRENDYnetwork」という二つのアドネットワークを立ち上げた。アドネットワークとは他社も含めた複数のネット媒体の広告枠を一括管理し、まとめて営業・配信することで効率性を高めた手法のことだ。日経BPは同社の看板サイト「nikkei BPnet」と「nikkei TRENDYnet」を軸に、「Amazon.co.jp」「ECナビ」といった他社の広告枠を束ねている。その約1カ月後の2月12日、今度はトムソン・ロイター・ジャパンや朝日新聞などが「ビジネスプレミアムネットワーク(BPN)」を4月から開始すると発表。東洋経済新報社、ダイヤモンド社、時事通信社などを巻き込み、対抗馬となるアドネットワ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。