「堺に群がるブラック人脈」を追及する大阪府警

2009年4月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

大阪府堺市に住む自治連合会の元会長、高田喜久治(79)が3月初め、大阪府警に逮捕された。容疑は、一昨年の11月、住宅を建設しようとした建築会社に対して「地元への協力金が必要だ」と偽り、現金20万円と商品券15万円分を騙し取った疑い。高田容疑者は自治会には報告せず、己の懐に入れていたという。ほかにも鹿島建設などから同様の手口で約2500万円を騙し取っていたとみられ、警察が追及している。この捜査に動いたのは所轄の警察署ではなく大阪府警本部である。それだけに捜査には奥がありそうだ。堺市では現在、シャープの液晶工場の建設が進められている。工事費の総額はこの1年間だけでも約2400億円で、大阪府の公共工事の年間予算に匹敵する。世界的な不況の影響を受け、プロジェクトの先行きは不透明になりつつあるが、それでも莫大な建設工事費を狙って多くのブラック人脈が集まっていた。今 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。