「ポスト小沢」の損得勘定

2009年4月号 連載 [policyの極意 第12回]

  • はてなブックマークに追加

政治資金規正法違反容疑で小沢一郎・民主党代表の公設第一秘書が逮捕された事件で、政界は大きく揺らいでいる。世論調査でも、民主支持率が急落し、一方で内閣支持率は上昇した。麻生vs小沢はお互いに敵失で支持率が上がったり下がったりしている。今までは麻生太郎首相の自滅であったが、これでお互い様だ。この事件はこのままではすまない、「深い先」があるという見方が一般的だ。政治資金規正法違反はかなりの形式犯であり、今まで甘く扱われてきた。それが今回は公設秘書逮捕なのだから、もっと先があるというのだ。そうかもしれないが、甘く扱われてきたものを、世論の動きを見ながら厳格化することはよくある話だ。小沢氏にとどまらずに、一部の与党議員には広がるだろうが、あまり「深い先」はないかもしれない。ただ、政治的には激動の第一歩である。もちろん、この程度の「敵失」では自民党も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。