稲盛和夫の「次世代PHS」大誤算

増資難航。カーライルはもてあまし、宿敵NTTに首を振られ、主力行は借り換えに難色。

2009年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

京セラの稲盛和夫名誉会長が育てあげ、目の中に入れても痛くない簡易型携帯電話(PHS)が風前の灯だ。「ピッチ」の愛称で呼ばれ、過去15年間、ケータイ普及の先導役を務めてきたが、NTTドコモにも電力会社系にも見放され、米投資ファンド大手、カーライルの傘下に逃げ込んで5年。定額制データ通信で一息ついたものの、携帯の高速化で競争力を失い、今や「博物館入り」の瀬戸際に立たされている。その象徴は、稲盛氏の「屈辱」シーンだろう。昨年秋、稲盛氏は東京・大手町のNTT本社を訪れた。同行したのは稲盛氏が取締役最高顧問をつとめるPHS専業、ウィルコムの喜久川政樹社長。NTT側は持ち株会社の三浦惺社長が出迎え、NTT次期社長とも目される鵜浦博夫副社長が脇に控えていた。議題は、ウィルコムの増資引き受けをNTTコミュニケーションズ(NTTコム)に求める件。同社のPHS事業が2年連続で加入者減と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。