製造業不況、足元みて「魔の商談」

2009年4月号 連載 [手嶋龍一式INTELLIGENCE 第36回]

  • はてなブックマークに追加

巨大なクレーンがとまったまま動かない。作業服に身を包んだ工員の姿は見えるのだが動く気配がない。静止した画面を見ているような光景だった。それほどに工場の操業率が落ち込んでいる。ハイテク列島ニッポンの屋台骨のひとつ、日本海沿いの工場群を歩いてみて愕然とした。福井、石川、富山、新潟と続くモノづくり地帯は、心肺機能が停まったように静まり返っていた。フクイの工作機械会社が存在しなければアメリカの戦闘機メーカーもエンジンを加工できない――。そう国防総省に言わせた会社のオーナーが、現下の苦境を語ってくれた。「オイルショックをはじめ幾多の不況をくぐり抜けてきた身だが、今度ばかりは恐怖すら覚えてしまう。循環型の不況ならじっと身を潜めていればいつか光が差してくる。だがこの不況は闇がどこまで深いのか予測もつかない。歌舞伎を見ているつもりが、ミュージカルに舞台が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。