3周年迎えた神戸空港に空港島用地売却の難題

2009年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

神戸空港が2月に開業3周年を迎えた。3年目の搭乗者数は268万3千人で過去最低。これまで一度も需要予測(319万人)をクリアしていない。路線も悲しいほど少ない。開港時は航空3社が乗り入れ、国内7都市を結んだ。しかし、新潟、鹿児島に続き、3月末で仙台線も廃止され、主力の羽田、札幌、沖縄の3路線のほかは、石垣線と昨秋就航した天草エアラインの熊本線のみだ。未曾有の経済危機で航空需要が激減し、路線拡充は難しい。飛び切りの難題は空港島にある企業向け用地の売却問題。代金を空港建設の借金に充てるスキームだが、売却が決まったのは全体の6%にとどまり、先行きは非常に厳しい。神戸空港が「鬼っ子」と皮肉られるゆえんだ。関西空港の建設は当初、神戸沖とされたが、時の神戸市長が公害運動の盛り上がりを受けて反対を表明。おかげで泉州沖に移ったが、アクセスが悪すぎ、廃港が決まっていた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。