米ファイザー「ワイス買収」が揺り起こす「巨大再編マグマ」

2009年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

世界最大の製薬企業、米ファイザーが1月末に発表した米ワイスの買収はライバル企業をいたく刺激した。両社は単純合算で売上高約630億ドル、研究開発費は110億ドルを超え、実現すれば第2位の仏サノフィ・アベンティスを売上高で約60%、研究開発費で70%近く上回る圧倒的な存在感を示すことになる。この発表を契機に「業界再編が一気に加速する」との予想を証明するかのように3月9日、米メルクが米シェリング・プラウの買収を発表。両社の単純合算は売上高約430億ドル、研究開発費約83億ドルで、ファイザーの次席を狙う挙に出た。製薬企業の新薬の研究開発は投機性が強く、狙ったとおりの効果が得られず途中で断念するケースが少なくない。そのため確率論で言えば、研究開発費が多ければ多いほど、新薬創出の成功率も高まる。研究開発費を確保するには一定規模の売上高が必要となる。世界の巨大製薬企業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。