「高島屋・阪急百」統合の消耗戦

両雄並び立たずの見本か。「結納」は交わしたけれど、白紙撤回もあり得る。

2009年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

百貨店の業績が総崩れとなる中で、「高島屋と阪急・阪神連合の経営統合は実現しない。業務提携にとどまるのではないか」という見方が、業界内で強まっている。「『結婚』より『大人の恋愛関係』が双方にとって都合が良い」というのだ。両社の提携合意が実現したのは昨年10月。当面、互いに10%の株を持ち合い、実際の統合は2011年とする計画だ。3年の猶予を置いたのは、社風も歴史も異なる両社の融合に時間をかけるため。得意分野の情報交換や仕入れの共通化など業務提携を進めながら、慣習や人事、給与の擦り合わせをじっくりやる考えで、情報交換などはすでに始まっている。

「何はともあれ婚約」の焦燥

07年から広がった百貨店の大型再編。07年に阪急百貨店と阪神百貨店、大丸と松坂屋が経営統合して、それぞれエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)、J・フロントリテイリング(JFR)が誕生。08年4月には三越伊勢丹ホールディ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。