麻生が縋る「延命カレンダー」

追加景気対策と首脳外交を「人質」に総理の座にしがみつく。「7月サミットまで」なりふり構わずか。

2009年4月号 POLITICS [麻生も小沢も「死に体」]

  • はてなブックマークに追加

「私はそう慌てることはない、と麻生太郎首相にいつも言っている。『任期いっぱいやりなさい』と。ここまで来たら、腹を据えて」3月9日夜、沖縄市。元首相・森喜朗は会合で「麻生延命」に傾く心中を、こう吐露して見せた。民主党代表・小沢一郎の公設第1秘書逮捕の衝撃。「きょうは一大転換の日」(幹事長・細田博之)と明るくなりかけた自民党内の空気は経済産業相・二階俊博側への捜査の波及、官房副長官・漆間巌の失言で再び暗転した。麻生も低支持率を脱せない。政界捜査の広がりが自民、民主のどちらにより深刻な打撃を及ぼすかは、党首交代の行方も絡んで「オセロゲーム」(元幹事長・加藤紘一)のように形勢が変わりうる。衆院の任期満了を9月10日に控え、一寸先は闇を地で行く解散政局。麻生の後ろ盾である党内最大派閥のオーナー、森は麻生の「おくりびと」を演じる日を薄々意識しながら、ひと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。