中国4兆元対策に「不足」と迫る米国

2009年4月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

「中国は為替を操作しているとオバマ大統領は信じている」。1月、米上院財務委員会での指名承認公聴会に臨んだガイトナー新財務長官の書面回答に含まれていたこの一節は、中国政府の要路の怒りと憂慮を呼んだ。ギブズ大統領報道官が直後の記者会見でトーンダウンを余儀なくされたほどだった。しかし、中国側が真に憂慮すべきは、続く次の一節であったろう。ガイトナー新長官は人民元の問題は確かに大事だが、現下の金融危機に鑑み、米中両国の国内需要安定こそ焦眉の急だとしてこう言う。「(米国の)差し迫った(政策)目標は、より積極的な景気刺激策をとるよう中国を納得させることだ」。これは中国が昨年11月、サンパウロで開催されたG20財務相・中央銀行総裁会議にぶつける形で、鮮やかに世界へ発信した4兆元の大規模景気刺激策では不足と言うにひとしい。無理もない。バーナンキ米連邦準備理事会 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。