大阪産大「奇怪な内紛」の真相

乱れた風紀を立て直そうとした改革派を追い出した守旧派。その背後に黒い人脈が蠢く……。

2009年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

関西の中堅私大、学校法人大阪産業大学で内紛が勃発している。少子化など学園を取り巻く経営環境が厳しくなる中、経営と教育の両システムの改革を目指す勢力を、守旧派が追い落とそうとして仕掛けた争いだが、そこには学園乗っ取りの野望が見え隠れしている。大阪産大では、法人本部に在籍する理事長と2人の副理事長の計3人が、重要事項の決定権を握る「執行部」とされる。傘下には大阪桐蔭中高校などがある。大学の学生数は約9700人と関西の私大では10位。関西学院、関西、同志社、立命館といった4大有名私学に次ぐ2番手グループに属する。法人全体の2007年度の財政状況は、授業料や資産運用収入などによる収入が約189億円で、人件費などの消費支出が184億円。手元資金が100億円あるほか、約200億円を資産運用している。大学の志願者数はこの10年で半減し、他の関西の中堅私大が志願者を増やしているの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。