M&Aにひた走るキリンの野望

フィリピンのビール最大手を傘下に。海外に一気呵成に攻め込む老舗に成算はあるのか。

2009年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

食品最大手、キリンホールディングスがM&A(企業の合併・買収)を加速させている。2006年以降、国内ではメルシャンと協和発酵工業、海外ではオーストラリアで乳業大手のナショナルフーズ、デアリーファーマーズを相次いで買収。最近も東南アジア最大のビールメーカーであるフィリピンのサンミゲルビールの買収を決めたばかりだ。創業から100年余。かつては圧倒的な国内ビール首位の座に安住していたキリンが、一気呵成に走り出したのはなぜか。 「今後も戦略投資を続けるが、主体はアジアやオセアニアの飲料になる可能性が大きい」。2月10日、08年12月期の連結決算発表の際、加藤壹康(かずやす)キリンHD社長はこう発言し、引き続きM&Aに積極的に取り組む姿勢を明らかにした。その直後の2月20日にフィリピン食品最大手のサンミゲルと、ビール事業子会社株の約43%を約1120億円で買い取ることで合意。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。