日ロ領土交渉「切り札」は原子力

窮地の麻生首相のサプライズは「2島+α」か。東芝にシーメンスとの三角提携を促すロシア。

2009年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

2月18日、麻生太郎首相は日帰りでサハリンを訪れた。州都ユジノサハリンスクから南へ車で1時間半、積出港ブリゴドノロエで行われたセレモニー出席のためだ。日本企業も参加するサハリンの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の液化天然ガス(LNG)の対日輸出がいよいよ始まるのを祝う記念式典に、ロシアのメドヴェージェフ大統領から電話で直々に招待されたのである。が、出席者の誰もが固唾をのんで見守ったのは、むしろ式典後の麻生・メドヴェージェフ会談のほうだった。戦後日本の悲願である北方領土返還に、新しい一章が記されるかもしれないからだ。国内政局では四面楚歌の麻生首相も、ここで領土返還の種を蒔くことができれば、失地回復のサプライズになる。密室で麻生首相はどんなカードを切ったのか。伏流は昨年11月22日に始まる。APEC首脳会議が開かれたペルーの首都リマで初の麻生・メドヴェ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。