「NTTコム抹殺」の悪だくみ

郵政民営化見直しに便乗して、総務省の「ドン」とNTTの「天皇」が腹合わせ。

2009年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

迫る衆院選を前に、郵政民営化が見直しに向けて大きなうねりを見せているが、水面下でもうひとつ、「独占回帰」の策謀が動いている。NTTのグループ再統合だ。NTT再統合は、郵政再統合の影絵のように奇妙な動きを見せている。影絵師を演ずるのは次期次官ポストをうかがう総務省のドン。これにNTTの「天皇」が呼応する構図だ。「NTTデータとNTTコミュニケーションズ(NTTコム)をくっつけたらどうか」「固定と携帯の融合の時代だから、NTTコムとNTTドコモを統合するべきだろう」「NTT東西の分割はやり過ぎだった。もとに戻すべきではないか」ジグソーパズルをはめるような議論が連日、霞が関の総務省で続いている。「下級官吏の頭の体操ではない。課長級以上、審議官、局長クラスのテーブルの上だ。そこには時折、NTTの幹部も同席する」と、ある総務官僚は打ち明ける。NTTの組織再編成問題は、2005年の政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。