「良い仕事」を継承できるか

2009年3月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

「いろいろしんどいこともあるし、お勧めできる仕事ではないが、ぜひ、社長をやってください……」1月16日の朝8時半、専務の飯島彰己(まさみ)は社長の槍田松瑩(うつだしようえい)からこんこんと説得されていた。飯島は「断れるムードではなく、最後は頷く形でお受けした。絶対にあり得ないことだと思っていた」と述懐する。飯島は1950年生まれ(横浜国大経営学部卒、58歳)。74年三井物産に入り、鉄鋼・製鋼原料の営業畑を歩いた。06年執行役員、昨年4月常務、同10月専務へ昇進したとはいえ、登竜門である経営企画と米国勤務の経験はなく、4月に経営会議メンバーになったばかり。まさか白羽の矢が立つとは思わなかった。槍田は「人望と馬力」を抜擢の理由に挙げ、「どの規模の組織を率いても、これほど部下から信望を集める人はいない」「万一、ノーと言われたら続投するしかないという思いで口説いた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。