郵政「4分社化」超える案はあるか

2009年3月号 連載 [policyの極意 第11回]

  • はてなブックマークに追加

麻生総理の郵政民営化見直し発言が大きな波紋を広げている。2月5日の衆院予算委で麻生総理は「私は郵政民営化に反対だった」と言い、「最後まで(解散詔書に)サインせず、えらい揉めた」と述べた。さらに4分社化について「四つに分断した形が本当に効率としていいのか、見直すべき時にきている」とした。ただし「民営化は決定された。今後は国民へのサービスの向上や健全な企業にさせていく」とも述べた。もっともその後、見直し作業について「郵政民営化委員会でやっていて、答えを受け取るのが私の立場だ」と軌道修正をしている。麻生総理の国会発言に対し「4分社化を見直したら持たない」と動揺が走り、麻生総理もそうした党内事情に配慮したのだろう。なお、郵政担当の鳩山邦夫総務相も「国に戻すのでなければ、聖域なく、どんな見直しをやってもいいということで対処する」と首相に同調した。5日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。