窮鼠のオリックスが「切り売り」

かんぽの宿で沈黙。CPはババ扱い。カード会社を三菱UFJとトヨタ金融子会社に売り込むが。

2009年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2月13日、日本郵政社長、西川善文は新聞で辞任を報じられ、老残をさらした。三井住友銀行頭取として君臨し、強気で鳴らしたころの面影はない。総務省に大臣鳩山邦夫を訪ね、日本郵政の保養宿泊施設「かんぽの宿」のオリックス不動産への一括譲渡を白紙撤回すると報告、陳謝した。その時点で進退は口にしなかったが、風前の灯と言えた。本誌前号(「西川『日本郵政』社長解任へ」)で報じたように、1月6日の鳩山「出来レース」発言をきっかけに騒動は始まった。迷走に迷走を重ねる政界でこの問題だけは与野党が一致、一括譲渡見直しの大合唱となり、反小泉改革の矛先は西川と譲渡先のオリックス会長、宮内義彦に向かったのである。日本郵政の100%株主である総務相相手の喧嘩では、はじめから勝負は決まっていた。戦意を喪失した西川が、2月6日の衆議院予算委員会で口をへの字に曲げて「総務相の認可が得 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。