オバマ名演説の「神」

2009年3月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第35回]

  • はてなブックマークに追加

バラク・フセイン・オバマ第44代アメリカ合衆国大統領。2009年1月20日(日本時間21日未明)の就任演説は、人類史上、もっとも多くの人々の耳目を集めた演説だった。おそらく世界100カ国以上で生中継され、インターネットではホワイトハウスをはじめ、CNNなどテレビ各局、ニューヨークタイムズなど主要新聞が中継した。NHKは真夜中の放送にもかかわらず、通常の同時間帯の4倍、関東で5・9%、関西で6・7%と驚異的な視聴率(ビデオリサーチ)を記録した。日本の新聞も1面トップで報じ、なかでも毎日新聞は演説内容の前半部分を1面の題字横に掲載するなど異例の扱いだった。英会話学校ばかりか中学、高校の英語の授業でも早速、教材として使われた。演説を録音したCDつきの保存版(日英対訳)が日本で発売されたのは演説の10日後だった。私は生中継で見て、そのあとホワイトハウスのホームページで見た。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。