北九州「スペースワールド」を加森観光が「大手術」

2009年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

加森観光(札幌市)が北九州市のテーマパーク・スペースワールドの「大手術」に踏み切る。「スリルライド」(怖さを楽しむ乗り物)中心の運営をしてきたが、入場客数が回復しないため、コンセプトを「自然」「親子連れ」など加森が得意とするソフト系に転換し、動物との触れ合いなどの「癒やし」を売り物とする公園に変える方針だ。同ワールドは新日本製鉄の前身である官営八幡製鉄所の発祥の地にある。1980年代後半の円高不況で工場設備が遊休化したため、新日鉄が90年に多角化と地元対策を兼ねたテーマパークに衣替えした。しかし、お堅い「鉄屋の商法」というべきか、「宇宙飛行士訓練の体験」をテーマとする大真面目なパークづくりはヒットせず、その後のスリルライド路線も当たらず、「万年赤字」に泣いていた。新日鉄は05年、自力再生を断念して民事再生法の適用を申請。約350億円を投じて累損を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。