「ポスト麻生」をめざし石原伸晃が臨戦態勢

2009年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

麻生太郎首相の求心力が急落する中、昨年の自民党総裁選に出馬した石原伸晃幹事長代理(51)が我然意欲を見せ始めた。「麻生さんは本当に空気が読めないな。もう自民党は絶対に選挙には勝てない」。最近、石原氏はこんな言葉を口にして、麻生首相との「距離」を強調する。昨年12月、都内での講演で「自民党議員の7、8割は、麻生政権で選挙をして与党でいられるか疑問を持っている。麻生政権は崖っぷちに立っている」と発言して物議を醸したが、その一方で「石原氏は衆院選が終わるまでは動かない」(同氏周辺)と見られていた。ところが、相変わらず首相が迷走を続けていることから、「衆院選前に首相の退陣もあり得る」と臨戦態勢に入ったようだ。先の党公務員制度改革本部の会議では、そんな石原氏の胸中を探るように、出席者の一人が「党総裁になるには漢字が読めなければ駄目らしいぞ」と声をかける ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。