麻生が「苦し紛れ改造」

「予算を仕上げて、これぞという実力者を集めた改造しかない」(中曽根)。浮揚策にならずともサミットまで飛べる。

2009年3月号 POLITICS [サミットまで居座る]

  • はてなブックマークに追加

民主党の山岡賢治国対委員長は、夜の宴席がひと段落した頃、意味ありげに声を落として、こう囁く。「うちの小沢一郎代表はね、表では『4月解散』なんて言ってるけど、当分は解散に追い込む気なんてないんですよ。だって、そうでしょう。長引けば長引くほど麻生太郎首相が勝手に自滅していくんだから」その読み通り、衆院解散がまた延びた。1、2月のマスコミ各社の世論調査で、内閣支持率が揃って2割を切ったためだ。毎日新聞19%(1月24、25日)、NHK18%、読売新聞19.7%(2月6~8日)、朝日新聞14%、共同通信18.1%(2月7、8日)。不支持はいずれも7割を超えている。自民党の支持率は民主党を大きく下回り、麻生政権は惨敗必至の解散を打つ選択肢を失った。

与党内に苛立ちが充満

「今から景気対策の大型補正予算を準備して、年度内に打ち上げるべきだ。補正の中身ができたら、成立を待たなくても直ちに解散したほうがい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。