医薬品卸の巨大合併が頓挫した「本当の理由」

2009年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

昨年10月の発表からわずか3カ月で白紙撤回された医薬品卸最大手のメディセオ・パルタックホールディングスと2番手のアルフレッサホールディングスの合併構想。売上高の合計が約4兆円、国内の流通シェア50%近くを占める圧倒的な巨大卸の誕生に「公正取引委員会が難色」との憶測記事も出たが、事実ではない。公取委は「影響を調査するのにもう少し時間がかかる」として昨年末、「2次審査に入る」と伝えただけで、合併の是非には言及していない。にもかかわらず、両社は「公取委が2次審査に入れば予定していた4月1日合併は不可能。延期は経営上のリスクが高い」とし、1月9日に白紙撤回を発表した。業界筋によれば、両社の大合併に衝撃を受けた医療機関や薬品メーカー、ライバル卸の動きが加速。両社と取引のある医療機関が「業務効率化のために合併後は1社に絞り込みたい」との意向を営業マンに伝達し、こ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。