海外事業で「大火傷」 大成建設会長に退陣説

2009年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

土木業界の実力者、葉山莞児・大成建設会長の去就が注目されている。日本土木工業協会(土工協)会長を4月で辞める意向を表明したからだ。同社の代表権も返上し、第一線を退くのではないかと囁かれている。土工協は4月に他の建設関連3団体と合併して、新生・土工協として再出発する。葉山氏は高齢(72)を理由に、新組織発足と同時に会長を辞し、副会長の中村満義・鹿島社長に譲る。葉山氏は01年の大成建設社長就任以来、海外土木事業に力を入れ、受注を急拡大させた。ところが昨秋以降、同事業の採算割れが深刻化、今期決算は7期ぶりに赤字(130億円)転落の見通しだ。土工協会長の職を離れれば、代表権を持ち続ける理由がなくなるため、「海外事業悪化の責任を取って代表取締役を辞める布石」(準大手ゼネコン幹部)との憶測が流れている。「社業とは関係ない」と大成の幹部は否定するが、葉山氏が退 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。