この大不況でも大新聞は「前年並み採用」

2009年3月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

今年4月の主要新聞、通信社の新入社員の採用状況がまとまった。日本新聞協会によると、全国紙や通信社の採用数は前年並みか増えたところが多く、ブロック紙や地方紙は減らす傾向にあるという。一部の新聞、通信社では経営悪化から管理職の早期退職を募る一方で、前年と変わらぬ数の新人を採用する皮肉な現象が起きている。同協会がまとめた2008年度採用内定者数は、朝日79人(うち女性30人)、毎日73(26)、読売108(32)、日経71(21)、産経31(12)、共同51(15)、時事52(25)、中日63(26)、西日本21(9)、北國27(11)、信濃毎日21(7)、北海道16(6)、静岡15(4)、神戸5(1)、河北3(1)。内定者の約7割が記者職(カメラマンを含む)、残りが営業や技術、総務関係となる。毎春の入社試験で6割程度、残りは秋試験で採るところが多いようだ。百年に一度の世界的な経済危機のさなか、製造業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。