「尻すぼみ」の中川秀直  政界再編の時機に誤算

2009年3月号 連載 [政々堂々 第3回]

  • はてなブックマークに追加

麻生太郎首相の狙いは、ひょっとすると「自民党政権の終焉」ではないか。そんな憶測が合理的と思えるほどの迷走ぶりである。麻生は国会の場で「私は郵政民営化に賛成じゃなかった」と明言した。続けて「小泉内閣の一員として最終的に賛成したが、私が反対だと分かったんで、郵政民営化担当を外された」とまで言ってのけた。これでは、なんのための郵政解散だったのか。「私は民営化反対だったが、本心を隠して当選し、総理になったので民営化を見直すことにする」と言ったも同然だ。こんな政権が支持されるわけがない。ここまで来ると、もはや「自爆テロ」といった方が正確だ。政権をつぶそうとしているのは、麻生自らの言動である。だが、麻生の迷走を追及するのはここまでにしよう。*より深刻なのは、そんな麻生政権であるにもかかわらず、自民党内からは渡辺喜美元行革相の離党以後、一向に局面打開 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。