中国「地下金融」クライシス

農村部の個人や中小企業向けローンを支えてきた小口貸金業の危機は、乾いた薪に火を投じるがごとく…。

2009年2月号 BUSINESS [大動乱の導火線]

  • はてなブックマークに追加

中国では今年、大動乱が発生する可能性が高い。金融危機による経済の成長鈍化で、高度成長下では隠れていた矛盾が爆発する恐れがある。中国国内の統計によると、08年晩秋に早くも農民工(農村部の出稼ぎ労働者)の帰郷ラッシュが顕在化した。ある試算によれば、08年9~11月の3カ月間で農民工の新規失業者は1千万人を超えている。大量の農民工が二度と都市へ出稼ぎに行けなくなるとみられ、旧正月後に失業はピークを迎えることになるはずだ。では、その大動乱の導火線はどこにあるだろうか。別名「地下金融」とも「非正規金融」とも呼ばれる中国の民間金融(民間借貸)だろう。<編集部注=金融制度が未整備の中国では、「民間金融」とは、銀行や典当行(質屋)、クレジットカードなど正規の金融機関ではカバーできない個人向けや中小企業向けの小口貸金業を指す。正規金融が有担保で都市部中心のため、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。