露骨な法律破り「天下り政令」

2009年2月号 連載 [policyの極意 第10回]

  • はてなブックマークに追加

新年早々、国会が開かれた。平時であれば、政治家にとってお正月は行事も多く格好の政治活動の時期である。そのため、通常国会は1月20日すぎから始まるのが通例だった。ところが、昨年末に補正予算を出さなかったことで、補正予算と本予算の成立を確実にするための時間をとる必要があり、今年は5日から始まることになった。経済危機のさなか、予算を人質にして政局にするのでは、野党民主党も政権担当能力を疑われる。かといって、与党がボロボロの中で、民主党は千載一遇のチャンスをみすみす逃す手はない。今の与党の官僚体質を攻撃するのが効果的である。そこで浮かび上がってくるのが、昨年末のどさくさ紛れに出された「天下り政令」である。政令は政府から出される命令なので、これほど政権の意思を表しているものはない。しかも、文書になっているので、言い逃れも難しい。天下り政令は昨年12月19 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。